昔は窯場の職人のことを「窯ぐれ」と言った。全国の窯場を渡り歩き、今、尚、陶工、原料屋として、昔ながらの窯場の知識、技術を唯一引き継ぐ小川哲央の随筆をお楽しみ下さい。 (2012年3月改訂しました)


by ogawagama

20 釉薬の調合

 釉薬の調合は、いろんな原料を混ぜ合わせるより、できる限り単純な方が良い。例えば、絵具の色は各々はきれいだが、混ぜ合わせると、すべて灰色になってしまうのと同じです。
 灰だけのビードロ釉、長石だけの志野釉、灰6長石4の黄瀬戸釉、灰7長石3銅5%の織部釉、白絵土だけの白化粧土、鬼板7灰3の瀬戸黒釉など。
 
 しかし、その為には、質の良い原料を求めなければいけません。その際、それぞれの原料の、基となる結晶構造のあり方まで知っておくべきです。自然が作り出した鉱物は、それぞれが違った型の美しいビルディングのような結晶構造を持っています。(電子顕微鏡3000倍ではっきり見られます)これを安易に機械で擦り潰してはいけません。石臼で砕くことにより、結晶が壊れず、そのまま小さくなる為、自然で深みのある釉調となります。すり潰しては、ペタッという感じの人工的な固い釉調となってしまいます。
 
 また、素材の特徴を十分吟味し、それぞれを生かす調合でなければなりません。いろんなものを入れすぎては、原料本来の個性がなくなってしまいます。釉薬の調合は、本来秘伝でしょうが、私は誰にでも公開します。なぜならば、その原料のほとんどが、天然のものであり、精製方法、使い方、焼成条件で大きく変わる為、誰一人同じ焼きものにならないからです。これが、天然原料合わせの釉薬の特徴です。
 また、自分で釉薬を調合する場合に使うポットミルは、5~8時間回すことと、陶芸本には書いてありますが、原料によって全く異なりますので気をつけて下さい。
 
 それぞれの結晶構造を壊さず、混ぜ合わす時間を各々で見つけて下さい。当然、天候にも影響されますのでご用心を。
[PR]
by ogawagama | 2008-12-19 14:14 | 20 釉薬の調合