昔は窯場の職人のことを「窯ぐれ」と言った。全国の窯場を渡り歩き、今、尚、陶工、原料屋として、昔ながらの窯場の知識、技術を唯一引き継ぐ小川哲央の随筆をお楽しみ下さい。 (2012年3月改訂しました)


by ogawagama

カテゴリ:145 水( 1 )

145 水

 昔のやきものと現代のやきもの。比べると何かが違う。

 理由はいろいろあろう。
 原料であったり、その精製法であったり、窯であったり、焚き方であったり、作り手の意識の高さであったり・・・。

 しかし、科学の知識も、便利な道具もなかった昔のやきものに、どうして、恵まれているはずの現代の陶芸家が及ばないのだろうか。
 この疑問を同じく、ある刀剣作家が持った。

 昔の刀剣が優れている謎を解く為に、まずは青森から種子島まで、鉄の原料となるあらゆる砂鉄を集めた。
 次いで製鉄法も、あらゆる角度からの試行錯誤を繰り返し、この結果、かなりのレベルまで達したのだが、まだまだ何かが違う。
 ふと気付き、今まで使っていた水道水をやめ、冬山に沢水を汲みに行った。この水は桶に入れておけば一年腐らない良い水であった。この水を使い、昔ながらの製法で一本の刀を作り上げた。

 この刀は見事、刀匠界のグランプリ、「正宗賞」を取ることが出来たと。

 陶芸家としても学ぶところの多い話である。
 我々も同じく、原料は日本中を自分の足で歩き自らの眼で厳選し、その精製法も、昔の資料をもとに自然の理にかなった製法を試み、窯も何個も作り、焚き、改良を繰り返し、ありとあらゆることにこだわることが、モノづくりの原点のはず。

 たかが水されど水です。
 塩素で消毒し合成された水道水より、美味しい生きた沢水の方が、人間にとって良いのならば、粘土にとっても良いはずです。
 微々たるこだわりかもしれませんが、こういった微々たるものが積み重なって、モノは生まれてくるものです。
c0180774_13433652.jpg

[PR]
by ogawagama | 2012-03-09 23:48 | 145 水