昔は窯場の職人のことを「窯ぐれ」と言った。全国の窯場を渡り歩き、今、尚、陶工、原料屋として、昔ながらの窯場の知識、技術を唯一引き継ぐ小川哲央の随筆をお楽しみ下さい。 (2012年3月改訂しました)


by ogawagama

カテゴリ:150 温故知新( 1 )

150 温故知新

 現代の陶芸家の多くは、電話一本で簡単に全国の原料屋から、精製された土・釉薬を取り寄せて使ってしまう。このことに慣れてしまい、陶芸の本質を忘れかけています。

 本来陶芸家は、各地の山々を歩き原料を探し、各々のやり方で精製して、独自のやきものを作り上げてきました。
 しかし今のままでは世界に誇るべきこの陶芸文化が途切れてしまい、原料に対する愛情と、労働の神聖さも忘れてしまいそうです。

 日本を含めた東洋では、作家自らが山に入り、素地となる土や、釉となる石を探し求めました。
 石臼で砕き、燃やした木の灰を混ぜ独自の釉を作る。
 木を切り倒し割り薪として、これを用いて寝ずに窯を焚いてきました。
 すべてが体力仕事だったからこそ、作品には力が備わっていました。
 生命力がありました。

 これとは反対に西洋では、陶器は自然の一部ではなく征服すべき対象でした。
 18世紀までは、東洋の陶磁器は金(きん)より高く富のシンボルであり、錬金術師たちが血眼になって研究を重ね、やっと1709年ドイツのマイセン窯で白磁が生み出され、その後は産業革命により飛躍的に発展していった。
 西洋では不安定な天然原料をそのまま使わず、天然原料を科学的に分析して、特定成分だけを抽出・分離し、純度を高めた状態にして釉薬を調合する方法を築き上げた。
 こうして西洋では、個性はないが寸分たがわぬ陶磁器を大量生産する技術を手に入れ、この技術がいつしか東洋にも輸入され、現代の窯業となっています。

 これに比べ、昔の東洋のやきものは自然親和的で、画一的な大量生産には向いていませんが、作品の一つ一つの芸術的価値は高かったものです。

 東洋では陶磁器を、自然の一部として受け入れているが、西洋ではあくまで科学的成果です。

 現在は陶磁器を教える学校までが、東洋式ではなく西洋式の理論・技術だけを教えます。
 昔ながらの伝統技法を学ばないまま、陶芸家として生きてしまっています。

 日本には古くから「温故知新」という言葉があります。
 昔のことを尋ね研究して、そこに新しい考えを取り入れていくという精神文化が・・・。

 現在、刻々と日本中から、各産地のそれぞれの古き良き伝統技術が消えようとしています。
 私はこれを何とか止めたい。

 私ひとりの力など微々たるものでしょうが、私の夢は、昔の窯ぐれ職人のように各地で「ぐれ」て、腕を磨き、原料屋、陶工、築炉師、窯焚き師として、昔ながらにやきもの作り、全てが出来る職人として生きることです。

 人それぞれに天命というものがありましょうが、私は窯ぐれ職人を自らの天命として、古き良き日本のやきもの文化を学び、少しでも引き上げ、次の世代にバトンタッチしたいと考えています。
 一生修業の窯ぐれ職人街道まっしぐらと言ったところですかね。
[PR]
by ogawagama | 2012-03-10 00:10 | 150 温故知新