昔は窯場の職人のことを「窯ぐれ」と言った。全国の窯場を渡り歩き、今、尚、陶工、原料屋として、昔ながらの窯場の知識、技術を唯一引き継ぐ小川哲央の随筆をお楽しみ下さい。 (2012年3月改訂しました)


by ogawagama

カテゴリ:15 熊谷忠雄( 1 )

15 熊谷忠雄

 晩年の唐九郎は、岐阜県瑞浪市の熊谷忠雄の下に足繁く通っていた。唐九郎は「夫人の料理がうまいからだ」と言う。確かに素朴な田舎料理でうまい。(特に、秘密の酒「どぶろく」は絶品だったそうだ)
 しかし本音は、
1.自らが知り得た知識、技術を誰かに伝えたかった。
2.有名になりすぎて原料探しが困難になった。
 この2点から、熊谷を適任者と選んだようである。
 
 実際唐九郎には、6人の弟子がいたが、釉薬、原料、焼成等、一切教えなかったと聞く。しかし、熊谷にだけは、全てを伝えたのである。その代わりに、原料の仕入れをさせていたのだ。「あそこの土を集めておけ」「あの石を買っておけ」等。
 
 人は自らの死を覚ると、自分の軌跡を残したいと思うのだろうか。ともあれ、唐九郎の知識、技術が熊谷に伝えられた。これが、次に、私に回ってきてしまったのだ。
 熊谷は唐九郎との約束を守り、従業員にさえ、釉薬の調合、原料の仕入れ先、精製法、焼成等、教えなかったのだが、2005年3月を機に、この秘密を私に教え始めた。体長はすでに最悪だったろうが、体の動く時間全てを私に使い、マンツーマンの生活が4ヶ月続いた。そして忘れもしない7月21日。仕事の終わった私を自宅に呼び、強く両手を握りしめ、「後のことは頼むぞ」と、言い残し、その夜亡くなった。
 最期の最期まで私に教え、見事に死んでいった。60年という年月を原料屋として生き抜いた見事な人生であった。志野、黄瀬戸、織部、瀬戸黒、昭和の美濃陶を縁の下で支え続けた、知る人ぞ知る男、熊谷忠雄。
 
 彼なしに昭和の美濃陶は語れまい。
c0180774_15152536.jpg

[PR]
by ogawagama | 2008-12-11 09:33 | 15 熊谷忠雄