昔は窯場の職人のことを「窯ぐれ」と言った。全国の窯場を渡り歩き、今、尚、陶工、原料屋として、昔ながらの窯場の知識、技術を唯一引き継ぐ小川哲央の随筆をお楽しみ下さい。 (2012年3月改訂しました)


by ogawagama

カテゴリ:56 有限な土( 1 )

56 有限な土

 現在、日本の陶は世界一盛んです。でも、盛んになればなる程、一方で、「ひずみ」「衰え」が出てくるものです。
 今、自分だけやきものが出来れば良いと、どんどん作って、どんどん焼いて、気に入らないものはバンバン壊す。知らないうちにこんな姿勢になってはいないでしょうか。

 窯業地を回っていた修業時代(1993~1997年)、私は、精製された原料には興味がないので、いつも鉱山を回っていたのですが、
「この石はどれくらいあるのですか」
「もう10年もないよ」
「この土はまだあるのですか」
「いい所から掘っているから今買わないともうないよ」
 こんな答えばかりでした。

 あれから10年、とうとう日本の陶を支え続けてきた、伊賀、信楽、美濃、瀬戸でも、次々と鉱山の閉山が始まりました。悲しいことですが、これが現実です。
 
 我々は改めて、窯業原料は有限であることを考え、決して、無駄に使わず、陶芸というバトンを、必ず次の世代に渡さなければなりません。また、使い手側も、安いものをいい加減に使い、壊れたら捨てるのではなく、自分が気に入ったものを大切に使い、時に、継いで直して使うスタイルに変えてみてはいかがですか。子供たちもその姿を見ています。
 
 我が家の子供たちは私の器を使いますが、壊すことはありません。大切に扱ってくれます。プラスチック製のもの、量産の陶磁器は、まずいと言い、決して使おうとしません。子供は素直です。大人たちもぜひ見習ってみてはいかがですか。
[PR]
by ogawagama | 2008-12-27 11:22 | 56 有限な土