昔は窯場の職人のことを「窯ぐれ」と言った。全国の窯場を渡り歩き、今、尚、陶工、原料屋として、昔ながらの窯場の知識、技術を唯一引き継ぐ小川哲央の随筆をお楽しみ下さい。 (2012年3月改訂しました)


by ogawagama

カテゴリ:140 琴馴らし( 1 )

140 琴馴らし

 中国の昔話を一つ。

 竜門という地に、森の王様ともいうべき立派な桐の木がありました。
 ある時、仙人が、この木から不思議な琴を作り出しました。ところがこの琴には、頑固な精気が宿ってしまい、誰も弾き馴らせず、皇帝に秘蔵とされてしまった。
 このうわさが広まり、この弦でメロディーを奏でたいといろんな人がやってきましたが、いつも無駄に終わりました。
 
 ところがある日、伯芽(はくが)という人物が暴れ馬をなだめるように琴をその柔らかな手でなで、優しく弦に触れると、突然、木の記憶全てが呼びさまされ、甘い春風の歌に始まり、夏の鳥たちのさえずり、そして、寂しい秋の夜の月が輝き、冬の雪が舞い、白鳥がはばたき・・・。それが終わると、次は恋の歌、次は闘いの歌と、次々に美しい音色が奏でられました。
 
 皇帝が伯芽に、どうしてあの琴を弾き馴らすことが出来たのかと問うと、
「他の演奏家たちは己のみを歌おうとしていたからでしょう。私はただ、琴に身を任せ、琴に何を演奏するかを選んでもらっただけです。あとは琴が自分か、自分が琴か分からなくなってしまっただけです」

 この話は我々に、一つのヒントを与えてくれます。
 良い作品とは、作家の内に秘めた感情を奏でる交響曲のようなもの。テクニックに夢中の作家では、自己を超越することは出来ないものです。
 分かる人にしか分からない話でしょうが・・・。
[PR]
by ogawagama | 2012-03-09 15:35 | 140 琴馴らし