昔は窯場の職人のことを「窯ぐれ」と言った。全国の窯場を渡り歩き、今、尚、陶工、原料屋として、昔ながらの窯場の知識、技術を唯一引き継ぐ小川哲央の随筆をお楽しみ下さい。 (2012年3月改訂しました)


by ogawagama

5 ある茶人

 ある茶席での陶工と茶人の会話。

「茶碗は、陶工のつくったものなど使えません。高尚な茶人が手びねりでつくったものでないといけません」
「それでは最も優れた茶碗は」
「高麗茶碗です」
「高麗茶碗は、昔の名もない朝鮮の陶工がつくったものですが」
「高麗は別だ」
「茶の最高の点前は唐物立て。そこで使う天目茶碗も茶人のつくったものではないですが」
「朝鮮や中国は日本よりも国が上だから、陶工のものでもさしつかえない」
「では、志野、黄瀬戸、織部、萩、唐津、これも茶人の手びねりとは思えませんが」
「それらは古いものだから、さしつかえない。新しい陶工のつくったものがだめと言っておる」
「それでは、利休は陶工につくらせ新しいものを使っていましたが茶を知らないのでしょうか」
「利休だけは違う」
「古田織部も新しい茶器で茶会を開いていますが」
「織部だけは違う」
「小堀遠州も新しい茶碗を使っていますが」
「遠州だけは違う。昔のことだから良いのであって、今の人が新しい陶工の茶碗を使うなど、お茶を知らない素人だ」
と、茶席を出て行ってしまいました。これは実話です。

 唐物茶入や天目茶碗が日本のやきものより上だとか、高麗茶碗に日本の茶碗は劣るとか、そろそろ古い考えを捨て、公平な眼でやきものを見て頂きたい。
 現代の陶工の中にも、作品に命を込める思いでつくっている人は何人もいます。
[PR]
# by ogawagama | 2008-12-04 19:28 | 5 ある茶人

4 志野の焼成法

 「やきものを焼く」単純にはただ土と釉を溶かすために温度を上げていくだけなのですが、これが正しいという焼き方もないし、焼き方は無限です。
 自分が扱う土と釉薬に適した焼き方を自らの手で探していくしかなく、また、そこが陶工の最大の腕の見せ所とも言えましょう。
 
 1350℃以上の温度で徹底的に焼き抜く伊賀や、ゆっくりゆっくり14日も焼き続ける備前も特殊ですが、志野の焼成法もかなり特徴的です。
 ただ、釉薬の長石を溶かすだけなら12時間もあれば十分ですが、あの淡雪のような白さと美しい緋色を求めるならば、6日が基本となるでしょう。
 まずは、1時間に5℃ペースでゆっくり温度を上げていきます。しかし、この時、ただ焼くだけではいけません。「いかに炭素を吸わせるか」これが志野焼成の極意です。
とにかく、強い強い炉圧をかけ、還元をしっかりかけること。この際、色見口からは、激しい音と共に50~70㎝の火柱が出ます。(炉壁の厚い、志野専用の窯であればこれが楽に出来る。逆に一般の窯は壊れ易いのでご注意下さい。)
 そして、色見を見ながら焼き上げます。ここまでに3日はかけたいもの。ここから、ゆっくりゆっくり冷ます過程で、緋色が生まれるのですが、この緋色とは科学的には赤鉄鉱(土、釉薬に含まれていないが、焼成過程で生成されるもの)とよばれますが、これを生み出すには、1時間に12℃ペースでゆっくり冷ますこと。特に、1050℃が発達のピークです。この時、注意したいのは窯の雰囲気。酸化でないと決して出ません。
 これが、志野の焼成の基本です。これを各々が、原料、窯の違いから、自らのベスト焼成を見つけて下さい
c0180774_14432168.jpg
                    「各温度での志野色見」
c0180774_14433174.jpg
                     「かごに入れられた色見」
[PR]
# by ogawagama | 2008-12-04 17:21 | 4 志野の焼成法

3 志野の魅力

 日本人の心を魅了して止まない志野。陶芸に携わる人間なら誰もが焼きたいと考えることでしょう。
 志野は日本人が初めてつくり上げた白いやきものです。鉄分の少ない白土に白い長石釉をたっぷりとかける。その際、表面にはピンホールという無数の穴が生じ、釉のかけ方も無造作な為、ムラが出き、緋色とよばれる、ほのかな赤みが全体に生じる。
 つまり、完全美を求めた白磁や染付の白さとは明らかに違う。茶道の真髄「不完全な美」に叶う白いやきものだから人を引きつけるのでしょう。
 
 その志野が他のやきものと大きく違う点は、原料の製法にもあります。一般の土は、水簸により粘土にしますが、あくまでハタキ土を使います。乾いた原土を砕き、フルイ、水と練り合わすだけの製法は、一般には水簸で取り除かれてしまう鉄分、アルカリ分等を残すこととなる。釉薬においても、一般の長石はトロミルで細かく200目程度に擦り潰すのだが、志野では、スタンパー製法の荒い60目程度の長石を使う。これもまた、水洗いしない為、鉄分、アルカリ分等が残る。この、取り除かれなかった土、釉薬の鉄分、アルカリ分等が、あの美しい緋色を生み出してくれる。(7緋色の秘密を参照下さい)
 
 また、長石粒が荒く不均一になものを使う為、深みのある美しい淡雪のような白さとなる。これは、長石が石臼で砕かれる為、川の上流の石のようにゴツゴツしたままだからである。トロミルで擦ると、川の下流石のように角のとれた丸い形になってしまう。こうなっては志野としては使えない。
 昔のスタンパーは水車を動力としていました。谷川の水の多い季節と、少ない時との搗き具合の違いが、かえって良かったようです。
c0180774_14393925.jpg
           「かいらぎ」                    「ねずみ志野」
[PR]
# by ogawagama | 2008-12-04 16:35 | 3 志野の魅力

2 不完全なもの

 茶道の世界は「不完全なものを良しとする」
 茶道に共に歩んできた陶芸の世界も同じく、特に茶わんにおいては、この考えが顕著である。
 
 粘土というものは、どんどん、どんどん温度を上げてやれば、いずれは皆、磁器のように完全に焼結し、やがては崩れ溶けてゆくもの。つまり、温度を上げれば上げる程「土」からは遠くなっていく。
 
 茶わんの代表、志野、黄瀬戸、瀬戸黒、唐津、粉引、萩、楽等は、あえて土を十分に焼きしめません。その為、素地と釉薬との融合作用が不十分なままであり、つまり、科学的に言えば、まさに「不完全なもの」なのです。
 しかし、反面長所もあります。熱が伝わりにくく、茶を飲むには、実に都合が良い。また、長年使っていくうちに、素地と釉薬との間に異物が入り込み色合いが変わっていきます。よく、「茶わんは使い手が育てるもの」と言われる理由はここにあります。
 
 私も、自分の10年前の茶わんに出会うことがありますが、意外に気がつかないことも多い。使い手が毎日のように大切に扱ってくれた為、見事に生まれ変わっているからです。よく使われた茶わんを見ると、やはり、不完全であるが故に良いものだと実感します。
 
 やきものを、桐箱や棚にしまい込んだままにしていませんか。是非、普段使いにして下さい。陶工からのお願いです。
c0180774_14273591.jpg
        「使い込まれた志野」               「新品の志野」
[PR]
# by ogawagama | 2008-12-04 14:58 | 2 不完全なもの

1 履歴書

 
c0180774_930259.jpg
人生とは分からないもの、不思議な縁により、今はこうして随筆を書いている。

 25歳まで私は、ヨーロッパ各地で油絵を描いていた。しかし、海外という地では日本人を強く意識させられ、日本へ帰ることになり、自分に何が出来るかを模索していたある日、黒い煙がモクモク上がっているのが見え、ふと行ってみると窯を焚いていた。初めてみる炎があまりに美しく、我を忘れそのまま2日手伝いをし、窯を焚き上げた。
 私は一瞬にして「炎の虜」となり、その後、美濃、伊賀、備前、萩、唐津、丹波、越前と、各地を渡り歩くことになる。その間、多くのことを学ばせてもらった。全国に薪窯をつくる仕事(築炉)、プロの窯焚き職人の下働き(薪窯焚き)、粘土鉱山、粘土工場、釉薬工場の手伝い(原料屋)、一日に300個の湯呑をつくる賃引仕事(陶工職)、ある窯元では1㎥3基 6㎥1基 10㎥2基のガス窯を毎日焚いた(釉つくり、施釉、ガス窯焚き)。
 
 いろいろな人と出会い、様々な経験をし、「陶土の里」岐阜県山岡町で独立をすることになった。仕事は順調に進み、銀座黒田陶苑を始め、各地のギャラリー、百貨店で年3回個展を開けるところまで辿り着いた頃、転機がきた。
 美濃陶芸を支え続けてきた熊谷陶料(岐阜県瑞浪市)から「明日から工場で働いてくれ」と、頼まれ、軽い気持ちで引き受けたのだが、社長は今まで従業員にさえ教えなかった原料屋としての知識、技術を全て伝え始め、2005年7月21日、仕事が終わった私の両手を握り、「あとのことを頼む」と言い残し、その夜、亡くなった。
 
 この時の両手の温もりが捨てられず、今は原料屋もはじめた。
 
 こうして「窯ぐれ」小川哲央が誕生したのである。
[PR]
# by ogawagama | 2008-12-04 14:22 | 1 履歴書